2006年01月30日

女系何たら。

 結構前に女性天皇がどうの、という記事を書いていましたがあの時点ではまだ問題の本質が良く解っていなかった事を白状します。御免なさい。
 一寸前に色々知って、んで今日テレビでやっていたのでまあ書いておくか、みたいな。しかしながら自分で書くと面倒……もとい出鱈目な記述が有るかも知らんので下記のリンクなど参考にどうぞ(最低だよ)

http://kahkun3601.at.webry.info/200508/article_2.html
http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html
http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/d17e724705f700bdfbeeb75dc85e5552

リンク辿るの面倒な方の為にはしょった説明を。
 そもそも女性天皇と女系天皇は全くの別物であるという事。知らなかった。知らなかった。御免なさい。女性天皇というのは書いて字の如く女性の天皇、エンプレスとでも言うべきか。んで、女系の天皇というのは母方が天皇に繋がっている天皇という事。つまり、男でも女系天皇になりうる。そして、女性でも男系天皇になりうる。
 んで、女性天皇は別に誰も反対はしていないのですね。「女系」天皇に反対する方がいらっしゃる。これは、きちんと調べてみたら当たり前の事で、そもそも天皇制を続けていくならば男系で無いと意味が無いのです。女系に切り替えるんだったら天皇制が無くなろうが殆ど同じ事。
 どうしてかって言うと、何千年も前から125代続いてきた天皇制で、女系が天皇になった事はただの一度も無いからなのです。
 感覚的な解り易さだけで言えば(生物学的に正しいかどうかは解んない)初代神武天皇のY染色体を、ニ千年以上(神話時代も合わせちゃうが)の長きに渡りずっと守り続けてきたのです。ただの一人でも女系が混じれば其処でY染色体は切り替わる。天皇とは縁も所縁も無い馬の骨のY染色体になってしまう。
 解りやすくないですか?こんな驚異的なことを、ずうっと日本は続けてきたのです。一番最初のY染色体を数千年守るって実際異常なことです。
 天皇家の何が尊いか。其れは勿論一つの家系が天皇家であり続けたということもありますが、矢張りこの男系のみで現代にまで続いてきたことこそが尊いのだろうなと。例えば伝統を重んじるイギリスであったならば、こんな問題は生じなかったでしょう。旧宮家から養子をとるなり何なりして皇位継承に当たらせたのではないか。宮家というのは元々そのためにあったのだそうですから。
 戦後のどさくさとは言え今のような「男児が生まれない」という問題の予防策であった旧宮家を廃止してしまったのは矢張り失敗だったんですね。
 日本人は自分の国にどれだけ驚異的な伝統が存在しているのか知らないようです。振袖や日本刀よりも昔から続いてきた万世一系の血をこんな事で汚して良いはずがない。
 これは男女平等とか、そういう小さい問題じゃなかった。相撲や歌舞伎は明らかに女性差別的な面を含みますが、だからと言って女性力士を国技館の土俵に上がらせろとか、女形を廃止して女性に演じさせろとか、誰も言いません。
 それが男女平等だのなんだのが届かない遥かな高みにある「伝統」であると知っているからです。女形を廃止して女性に演じさせる歌舞伎はもう歌舞伎じゃない。女系天皇になってしまえば尊い天皇家ではなくなる。その辺の、ただだらだらと続いてきた家と同じレベルにまで落ちてしまう。
 伝統や文化というものは大事です。其れによって民度が知れる。品格が知れる。
 まー私もだったんですけど、やっぱ知らないまんま無責任な意見を言うのって良くないよね。てへ。ネット書名はやってないみたいなので署名、どうしようか悩んでます。一人分でも構わないだろうか……。送ってみようかなあ。本当はこういう政治臭のする活動やりたくないんですけどね……。

 最近重たい話題ばっかで申し訳ないです。なんか、御免なさい。でもこういう思想表現てやっぱ大事だよ……ね……?(自信ない)

 二周年イラスト停滞中。ちと体調崩してました。今はもう元気なので御気になさらず。三日までには何とか……!頑張ります。


posted by こがよしひさ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

イラスト一枚。

 一枚っつーてもまたね、あの、落書きなんですが。何となーくテンションが上がらなくて彩色期間がだらだらと延びています。どうしてだろう。
 VCのイラスト、何とか三日までには上げたいと思っているんですが……。アルマンは髪そんなに長く無いから早く上がる筈なのに(もう全てが髪を中心に動いている)。
 何はともあれアレです、頑張りますよ。しかし明日も仕事なのできちんとイラストに割けるのは日曜日くらいなんだよなあ。大丈夫だろうか。

 自分が描きたいものがあまり明確でない為かもしれない。やっぱ絵とか小説とか、物を作るのってテンションが必要ですよね。ぶわーって思いついて、とりゃーって書き上げる気力とか。(馬鹿っぽい文章だなあ)
 チョコを食べて気力充填します。そういえば最近美味しいミルクティー飲んでないなあ……。
posted by こがよしひさ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来たv

image/keisetuen-2006-01-27T20:09:04-1.jpg

来ましたピエールマルコリーニ。あー綺麗。めちゃくちゃ楽しみにしてたのに食べるのが勿体ないですよ。
これからじっくりと数日かけて食します。ワクワク
posted by こがよしひさ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

便乗占い。

 のりたまさんがオーラーソーマリーディングという占いをやってらしたので。これ占いとは違うのかな。心理学かもしれん。楽しそうだったのでやってみましたが意外な結果にビビリました。
 二色のボトルを四本選び、その選び方で色々調べます、というものらしい。結果↓

一本目 魂のボトル(あなたの本質を示します)

スピリチュアルな感覚が開かれています。深い洞察力で物事を理解し、シックスセンス(第六感)にも優れている人。目に見える現実的な事柄だけでなく、見えざる存在の力を信じ、人生においての判断を叡智の力に委ねることができるでしょう。自分が守られている存在であるという深い自己信頼を持っています。良いことも悪いことも含め自分に訪れる出来事すべてを人生において受け止めるべき課題として認識し、直感的な判断で正しい選択をしていけるでしょう。

ボトルNo 000
ボトル名 スピリチュアルレスキュー
カラー ロイヤルブルー/ディープマジェンタ

 し、シックスセンス!?いや、某天才子役が頭の中に。精神世界を大事にするって事かな。ある意味で当たっている気がします。ほら、やっぱ脳内物語って大切じゃん?
 冗談はさて置き、日本人気質なんじゃないかと自分では思うんですが。八百万の神々というか。大木を見ているとそれだけで神の前に居るような気分になるんです。
 しかし私が直感で判断して良かった試しは無いのだが。

二本目 チャレンジ&ギフトのボトル(あなたの過去と乗り越えるべき課題を示します)

深い苦しみを抱えています。混乱と混沌を常に抱き、自由な発想が遮断された状態。自分が本当には何を求めているかが、わからなくなっているかもしれません。欲しいものが手に入らず、欲しくないものばかりがやってくるという事態が起きがちでしょう。独善的で自我を押し通す傾向がある反面、思うように行かないと投げやりになって、傍目には無責任に映る場合も。自分をコントロールできず、自らマイナスな状況を引き寄せてしまいます。

ボトルNo 100
ボトル名 大天使メタトロン
カラー クリア/ディープマジェンタ

 中学から高校時代とかかなあ。家庭がガタガタだった時期に当て嵌まる気がします。何だかんだいって進学も上京も全て父親の意思だったフシも有るし、ちょっと考えちゃいました。でも人間誰にでも苦難の時代はあるからねぇ。

三本目 「今ここ」のボトル(現在の状態と気づきを示します)

自分への信頼と、神なる存在への信仰心が一体化していきます。自分の生きる道、ライフワークについて真剣に考えていくときです。占星術、もしくは数秘術的なアプローチも、自分の使命を知る手段として有効に働くでしょう。自分の生きる目的を見出したあなたは、これまでの苦難や試練もそのプロセスとして必要であったことに気づき、そして、運命を受け入れます。内にも外にも平和を求め、そのために行動することを辞さないでしょう。

ボトルNo 050
ボトル名 エルモリヤ
カラー ペールブルー/ペールブルー

 神なる存在への信仰心と来たか。自分ではジャパンにおける八百万神様信仰以外の信仰は無いと思っているんですけれども。神ですか。ふーむ。つか、自分の将来を決める大切な判断に占星術持ち出したら末期だと思う、よ……?
 しかしながらこの実家に寄生しつつフリーター状態という今の生活を考えると「自分の生きる道、ライフワークについて真剣に考えていくとき」という言葉は痛い。そうですよね、もうちょっときりきり考えるべきですよね……。

四本目 未来のボトル現在の状態からどう変わっていくか、未来の可能性を示します)

思考の堂々巡りから抜け出すことができます。直感に従い、新しい旅に出ていくでしょう。創造的な知性を持った人生の改革者です。神秘的な体験が目覚めを促します。狭い視点でなく、大きな意味でのスピリチュアルな視点を持つことができるでしょう。そして、あなたは最高の秩序の道を歩んでいくのです。自由と博愛と平等の精神を持つ改革者だったサンジェルマン伯爵のように、周囲に前向きな影響を与え、導く役割を果たすでしょう。

ボトルNo 056
ボトル名 セントジャーメイン(サンジェルマン)
カラー ペールヴァイオレット/ペールヴァイオレット

 どうしよう、私、三年後位に宗教団体設立してたら……!!そんで二十年後くらいに政権樹立してたら……!!!
 というのは冗談ですけど。最高の秩序の道って、どんなだろう。犯罪者だけにはなりそうも無くて安心しました。学校の先生とかっぽいね。今更教員免許など取るつもりは無いが。
 何かのインストラクターもアリだな。パソコン教室の講師でも目指してみようかしら……。

 大外れってわけじゃないですが中々ぎょっとする記述があって面白かったです。リンク面倒なんで皆検索で調べちゃって。(最低)
posted by こがよしひさ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一寸嬉しい事。

 23日の記事でちょいと太平洋戦争について書きましたが、(一寸どころじゃないよ)暗いって言うか後味悪いっていうかあんまり読後感が爽快ではなかったので微妙に反省し、違う角度からスポットを浴びせたいと思いました。つか、そうします。
 日本がいかに自虐的かどうかとかはおいといて、一先ず他国の(某国は置いておきますよ)反応を見ようじゃないのという試み。
 特にアジアね。私が調べただけでも結構な量のエピソードとかが見付かったので本気で調べればやっぱり歴史観は変わると思う。

 簡単に行きます。先ずはパラオから。
 パラオの国旗↓
parao.gif
 パラオという国については各自調べていただくとして(ダイビングスポットとしても有名な美しい国だそうです)国旗を見て下さい。どっかで見たことありますね。
 これはまあ、一目で解りますが日本の国旗を元にしてつくられたそうです。日章旗ではなく月章旗。
 パラオは大戦前まではご多分に漏れず西洋の(何処だったか忘れた)植民地でした。其処に日本軍が来て、短い間でしたがパラオを統治しました。日本人は厳しかったという証言もありますが(当時はまだ勤勉と礼儀の国でしたからね)、現地で教育を行い、概ね仲良くやっていたようです。
 で、すったもんだがあって日本軍は居なくなったわけですが、暫く経ってから独立したパラオが「国旗を作りましょう」と国民から一般公募した結果、上の月章旗が採用されました。
 日本は日の丸ですが、パラオのは海に浮かぶまん丸の満月。美しい海を持つ国に相応しいと思うですよ。んで、何でちょっと中心からずれているのかというと、「まるっきり真似したんじゃ日本に失礼だと思ったから」だそうです。
 ら……ラブ!そんな事言ってくれる国があったなんて!始めてこの話を聞いたときは思わず視線が泳ぎました。何か、「恥ずかしいな」と思っちゃったのです。そんな風に思ってもらえるほど立派な国じゃないです、御免なさい御免なさい。
 今もパラオの方が胸に抱く日本の印象とか、憧れというものは、私達の国じゃないんだなって思う。六十年一寸前、まだプライドと威厳を持つ独立国だった日本を、愛してくれているんだろうなって。少しでも好意に相応しい国になれれば良いですね。

 あい次ぎ。インドネシア。
 実はインドネシアの独立宣言書は、日付が一寸変わって居ます。西暦で記されていません。何と、皇紀で記されているのです。皇紀とは、神武天皇即位の年を元年とした日本独自の表記です。
 なんだってインドネシアの独立宣言書に皇紀が使われているのか。それは、インドネシアの独立に際して日本軍の兵士が随分協力したからなのだそうです。
 有名な話としては、戦争に負けて引き上げていく日本軍に「これから独立の為に戦いたい。武器を譲ってくれないか」と現地の人が言った所軍はこう答えました。「其れは出来ない。私達には帰って来いと言う命令があったが、身一つで帰ればそれで良いってモンじゃなかろう。(まー銃弾一つとっても日本の金で手に入れたものですから当然ですね)しかし。」しかし、とその兵士は言ったと言います。
「差し上げるというわけには行かないが、盗まれてしまうんだったら仕方が無いよな」
 そこで半ば公認で大量の武器弾薬が持ち出され、インドネシアの独立戦争に使用されたらしい。です。日本に帰らず其の侭インドネシアで戦った日本兵も居たのだとか。で、独立を手伝ってくれた事は忘れませんって皇紀を使ってくれたんだそうです。
 他国の独立宣言書に使われるなんて名誉は滅多に体験できません。あわわわわ。此方も矢張り嬉しさよりは恥ずかしさ。

 はい続いてマレーシア。
 マレーシアでは日本軍が上陸した日をお祝いしちゃうんだそうです。祝っちゃうんですって。日本人は「太平洋戦争」とか「統治」とか聞くとすべからく恥じるべきである、みたいな印象持ってるかもしれませんがどっこい祝われちゃってますよ。
 マレーシアでも其の他のアジアと事情はさほど変わりません。要するに、其れまで西欧列強に植民地化され、ぎゅうぎゅうに搾取されていた彼らにとって日本軍の上陸は別に侵略でも何でもなく、寧ろ解放を齎す朗報だったのです。諸手を上げて迎え入れた、日本軍の姿を見て歓呼の声を上げた。ってゆーかむしろ一緒に戦った。という話もあったりする。
 戦後「戦時中はわが国が大変迷惑をかけた」という謝罪をした日本の政治家に対して首相が「何でそんな事を言うのでしょうか。日本無くしてこの国の独立は有りえなかったというのに」との答えを返してくれた事は割りと有名。

 他にも大抵のアジア諸国は似たようなお話を聞かせてくれます。つまり、「日本が居なかったらアジアは今でも西洋人たちに搾り取られる植民地であり続けただろう」ということ。

 何処で見たかは忘れましたがこういう台詞があります。
 「西洋人は私達に鉛筆を売ったがそれだけだった。私たちは貧しかった。日本がやって来た。日本人は鉛筆の作り方を教えてくれた。私たちは鉛筆を売ることが出来るようになった」

 端的だと思う。要するにアジアの多くの国ではそういう風にあの戦争を捉えている。因みにフランスの教科書には「日本がアジアを開放した」と書かれているそうです。マジデ!?

 今回はちょっと良い話を集めてみました。皆さんが歴史を調べてくれるきっかけになればなあと思います。日本人は日本を愛していると言うとちょっと変な目で見られがちです。でも、日本にも誇って良い所は沢山有るし、変なところで卑屈になるよりは自分が住んでいる国を愛する事の方が健全だと思うのです。
 思想がどうとかじゃなくて、私は桜の花が美しいと思うし、日本の四季折々の風景を美しいと思うし、イギリス女王の上座に座りローマ法王と肩を並べる(肩書きだけで言うなら法王よりも上)天皇を誇りに思うし、芸妓さんは綺麗だと思うし、蒔絵の櫛や日本刀を芸術品だと思うし、外国から感謝されるような事をした数十年前の日本人を敬っています。
 其の戦争が良かったか悪かったかは勿論主観によるわけですが、少なくとも卑下し、恥じる事は無い筈なんです。
 桜が好きだ、美しいという時、こんな綺麗な花が国花で嬉しいと思うとき、何処に軍国主義があるでしょう。単純な感嘆の思いすらも「軍国主義!」という呪文で押しつぶすならば其の事こそが思想の自由を脅かす重大な人権無視であると思います。

 とか何とか難しいこと言っている気がするけれども簡単に言えば「もうちっと日本を好きになっても良いじゃん。外国行った時私は日本から来ましたって胸を張って言おうよ」ということです。まー実際私も中々言えないけれども。
 主義がどうのじゃなくて、「私はこの国を愛しています」なんて、中々真顔じゃ言えないよね。照れくさくってさ。
 其の点ダーリンハニーの国は国に対してもアイラブユーをどうどうといえる。ちょっと見習った方が良いのかもしれない。(でもでも奥ゆかしさが日本的美徳とも思うわけですよ。アンビバレンス)
posted by こがよしひさ at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

やっちまいました。

フォクス子とさんだば子

やっちまいました。散々いってた奴ね。炎孤さんと雷鳥さん。ファイアーフォックスなのでふぉくす子、サンダーバードなのでさんだば子。
 因みに本家本元は此方です。
 めっちゃ可愛いvv其のまんまデザイン頂くのもなんかアレかなーと思ったので犬神堂さんのオリジナルからちょろっと弄ってみました。

……。

 やっぱあっちの方が可愛いよね……。無駄な努力はするもんじゃないです。さんだば子はプチパイでクール、スピーディなイメージです。(いやね、メールの送信とかマジで早い、マジで)ふぉくす子は元気なデカ乳イメージ。拡張入れると胸が大きくなって言うという噂がある。そうするとウチのふぉくす子はあまり大きくない筈。四つしか入れてへんもん。
 産まれて初めてフィギュア欲しいと思う位萌えてます。何だろ、今までの萌えとは違う萌えなんだよ。

ハッ!

 これが美少女系の萌えなのか……!?(新たなる目覚め)
 また暫くサイトとは違う方向に突っ走りそうです。えーと、生ぬるい目で見守って下さい……。(厭だ)
 因みに上のイラストに関しては余り語りたくない。特に背景とか。電脳空間(ツインシグナル懐かしい)を駆け巡る美人姉妹とか思っていたんですけど色々面倒臭くなって全部アクションで済ませちゃったとかそうしたら当然の事浮きに浮きまくって最終的には丸投げして諦めた事とか思い出したくないことで一杯だから。
 つーかふぉくす子とさんだば子だったらオラクルの中に入れてくれそうだよね。(解る人しか解らないネタで……)お茶も振舞われると思うよ。ウチのふぉくす子はそんであっさり私のパスワードとかフォームの履歴とか洗いざらいぶちまけちゃうんだ。危険!さんだば子はガード固いと思うです。(もう何を言っているのか解らなくなってきた)
 今更のように言いますが、Firefoxはブラウザ、Thunderbirdはメールソフトです。擬人化して遊んじゃおうという趣旨のジャンル。探したらIE萌えとかOpera萌えとかNN萌えとかあるらしい。
 ってわけで皆ももっと描いたら良いよ!変なテンションのまま終わります。
posted by こがよしひさ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

できたー!

 塗っても塗っても終わらないモンで正直「ああ、間に合わないかもしれない……」と思っていたんですけど髪の毛塗り終わったらどんどん進んで吃驚した。つまりどんだけ髪の毛に時間割いてんですか!って話だよ。
 二周年お礼イラスト、犬の方はアップしました。まあ、言うほど綺麗な髪でもないです。あの程度でどうしてこんなに時間がかかるのか一度自分の身体と腹割って話したいと思います。
 今回は気紛れで(というか縮小するのが悔しかったんですよ、ええ)壁紙サイズも作ってみましたよ。此方は文字とか入ってないので色の塗り方だの何だの確認するのに良いかも。確認したからどうなんだって話ですが。
 次回から丸の髪はブルー基調でコントラスト強くしようと思います。そっちの方が綺麗だった。今までの苦労は一体……。つか、その事に気付くなら髪のレイヤー統合する前に気付きたかっ……!言っても始まらないので今回は諦めます。
 のんびりというかのほほんというか。二人で横になって寛いでいたら良いなーとか思ったんです。さり気なくラブラブっぽいじゃないですか。りんが描いても描いても可愛くならなくて苦労しまくったんですがあまり成果が現れていないのは内緒です。
 何時も通りお持ち帰り、転載其の他ご自由に。リサイズ色目変更何でもしちゃって下さいな。クレジットが消えても構わない。ん?クレジットって言って良いのかな。
 報告義務も当然ありませんがちょろっと言って頂けると狂喜乱舞します。其の程度です。フリー期間はまた来年の二月三日まで。といってもウチのサイトで私が描き手の場合フリー期間なんて有って無きに等しいわけだが。
 まあ、別に気が向いたらどの絵でも持ってって良いんじゃないでしょうか。ウチのサイトの私が描いた物に限りね。他のサイトでは多分許されない。

 という事で真面目にカリカリやってたら疲れました。この後はVCが控えているわけなんですけれどもちょっと休憩さしてくれい。と。明日は何か落書きっぽいのでも更新出来たら良いな。炎孤ちゃんの準備は万端なんだが色塗りがああ……。
posted by こがよしひさ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結果報告

User Agent Switcherですが。
 ブラウザNeuro、有効でした……!爆笑した。自分なんだけど、「ネウロに見られた!」みたいな。但しやっぱ他のブラウザと違って纏まったアクセス取れないので(私一人ですからね)忍の無料解析では解りませんでした。
 こまかーくアクセスログ取ってくれるような解析だったら解るかも。という事で、悪戯可能です!気付いてもらえない可能性のが高いんですがでも可能は可能です!
 また新たな楽しみが増えました。フフフ。Neuro(yako/soubi)とかふざけたブラウザが出てきたら其れは私です。今度はYakaneブラウザとか良いな。SatuRinとかね。中々遊び甲斐がありそうです。ニヤリ。
 解析画面の証拠をペタリします。一番下の奴に注目。

証拠
posted by こがよしひさ at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

ちょっと難しい話題を。

 昨日のメッセで面白い話題が出て、調べてみたら知らなかった事実が出てきたので此処に覚書みたいな感じで書いてみます。つか、感想文って言うか。拒絶反応が起きる方も居ると思います。苦手だったり不愉快になってきたらサヨナラした方が良いかもしれません。

 太平洋戦争(第二次世界大戦の方が通りが良いかな)でのABC級戦犯について。彼らは靖国神社に合祀されており、其の為に総理の参拝などが問題になっています。分祀すれば良い、という声も良く聞きますが一寸待って。
 本当に、ABC級戦犯って居るんですか?
 はい、こががまた頓珍漢な事を言い出した、とか言わないで下さい。こがは以前どっかの掲示板で(2ちゃんじゃなかった事くらいしか覚えてないんですが)「日本の戦犯は既に国際的に免責されている。従って、あの戦争の戦犯は少なくとも日本には居ない」とか何とか言う記述を見たんです。
 さて本当か?と。もしもそうなら某三国の言葉や合祀が問題だ云々の言葉は全くナンセンスではないのか。調べてみました。ネットって超便利☆
 本当でした。サンフランシスコ条約11条には戦犯についての判決が書かれていますが、此れは何処か一国だけのものではなく、調印した世界各国において認められたものであります。
 詳しい事は調べきんなかったのですが、昭和28年10月までに全戦犯の赦免を連合国側に要求、其れが認められています。つまり調印11ヶ国において日本の戦犯は赦免されており、合祀が云々はやっぱ無意味。
 この赦免を認めない、という場合はそもそもサンフランシスコ条約を認めないということですから今度は戦犯であるとは認定できない。戦犯を戦犯として責めるならばサンフランシスコ条約を認めねばならず、認めたのであればその赦免もまた認めなくてはならない。
 要は、やっぱりABC戦犯をその戦犯だという理由で責める事は出来ないってこと。此処に原文を見つけたのでペタリしてみます。私には訳せないので詳しい方、自力で読んでください。

Japan accepts the judgments of the International Military Tribunal for the Far East and of other Allied War Crimes Courts both within and outside Japan,and will carry out the sentences imposed thereby upon Japanese nationals imprisoned in Japan.


 戦争を起した、ということの責任を問うのであればちょっと小気味良い問答があったらしいのでまた引用いたします。長いかも。

昭和陸軍が生んだ最大の天才(戦略家)といわれた石原莞爾が、終戦後、持病の悪化で東京の逓信病院に入院していたとき、東京裁判のため来日していた連合国の検事に尋問を受けたことがあった。
 そのとき検事(アメリカ人)が「戦争犯罪人(いわゆる「戦犯」)のなかで、いったい、だれが第一級と思うか」と訊ねた。それに対して石原は「トルーマン(当時のアメリカ大統領)」と答えた。
 石原は、その理由として、トルーマンが国際法の規定を無視して、一般市民、つまり非戦闘員の無差別大量虐殺(広島・長崎の原爆投下を含め100万人近くの市民を殺した)を行わせた点をあげた。そして「このトルーマン大統領の行為こそ戦犯第一級のそのまた第一級に価するもの」として、連合国検事に、彼を戦争犯罪人として告発したのである。

 ついで検事が「日本の戦争責任は、日清・日露戦争までさかのぼる」と述べたとき、石原は「それならペリーをよんでこい」といった。無学な検事はペリーの名を知らず「ペリーとはだれだ?」と反問した。
 石原は検事に次のように教えた。すなわち、ペリーは鎖国政策のもと300年間、他国に一切迷惑をかけず平和に生活していた日本に、黒船(艦隊)を率いて開国を迫った人物である。
 日本(江戸幕府)は、その艦隊の脅迫でやむをえず開国し、君らの国と外交関係をもったところ、君らの国が例外なく侵略主義や帝国主義の恐ろしい国々であることが分かった。そこで日本も、植民地化を免れる(生き残る)ため、やむおえず君らの侵略主義や帝国主義を学ばざるをえなかった。
 したがって、太平洋戦争の戦争責任が、もし日清・日露戦争にまでさかのぼるとすれば、日本を武力(艦隊)で脅迫して開国させ、かつ侵略主義・帝国主義を教育した元凶であるアメリカの水帥提督ペリーを承認として喚問せよ・・・。
 このように述べて、彼は勝利者側からの、いわゆる戦犯や戦争責任の追及のナンセンスさを皮肉り、検事をグーの音も出ないほどやりこめたのである。


 ちょと書き手さんの感想も混じっているように見受けられますが、解りやすい問答であると思います。少し足すと、石原さんは軍人としての自分の責任も重大に受け止めていたらしいですから、もしもこの検事がもっと平等な尋ね方をしていたらこんな答えは返さなかったと思われます。
 例えば、「今回の戦争が起きた原因のうち、日本に責任があるとすればどのような点であるか?」と。私はこの質問の答えも知りたいですね。
 日本の責任のみで戦争が起きたのだと思っている方は、「ハルノート」で検索かけてください。あと脱線しますが「パル判事」もしくは「パール判事」で。(判事を検事と間違えて書いてた……!判事!判事です!検索して見付かんなかった方、ごぬんなさい/謝る気無いだろ)

 この手の話題はどうも、偏った感想のみで書かれているものが多くて困ります。途中まで「そうなんだあ〜」と思って読んでいても、最後の数行で「だからあの戦争は○○だったんだ!」とかね、こう、主観の強い感想が入っているとどうも、信用しにくくなります。
 両方の意見を聞いていても「んで結局どっちが本当なのさ?」って話しだし。取りあえず調べてみる事ですね。侵略戦争という言葉だけは拒絶反応、と、私個人の感想を以下に述べておきます。勿論私個人の感想を読み手の皆様が受け入れる必要は全くありません。私の知らない資料を読んだ方には、其の方なりの考え方と論拠があるのですから。

 当時の思惑はどうあれ、日本は白人支配の土地に赴き「教育」を与えました。与えたという言い方は上からのようで厭ですが。当然、間違った事も沢山したでしょう。でも、教育をしたのです。これは誰に何を言われても恥じる事無く主張して良い事実だと思うのです。
 植民地時代、アジア各国の国民は教育など受けさせてもらえなかった。搾取される生活だけだった。日本は力で其の国に押し入ったかもしれない。罪の無い人も殺しただろう。でも、教育をした。文字を読むこと、書くこと、何かを作ること、有色人種でも白人に勝てることを示した。搾取される生活からの脱却の可能性を示した。
 有色人種でも白人に勝てる、この事実はアジアだけでなくアフリカの人達をも解放に導いたといわれます。まだまだ差別や偏見は根強いですけどね。何百年もかかって培われた差別です。根気良くなくしていくしかありません。
 だから、侵略戦争と呼んで欲しくはない。侵略するつもりならば教育などしなかった。私はそう思うのです。
 広島か、長崎の公園に(どっちか忘れちった。ごめんなさい)「過ちは繰り返しません」という文字が刻まれています。この文字を見て「日本人の魂は此処まで損なわれてしまったのか」と深い落胆を示した方が居たそうな。
 そうです。
 過ちを犯したから、原爆は落とされたのか? 原爆を落とされるほどの過ちを、日本人は犯していたのか? 原爆が落とされた国が、その事に対して自分の責任のみを嘆くのか?
 日常で考えましょうよ。レイプされた女性が、「もう一人で夜道を歩くなんて過ちは繰り返さないから、これからは安心してね」と、両親に言いますか? 悪いのは、夜道を一人で歩いた彼女ですか。レイプした人じゃないんですか。
 戦争は当然どちらか一方の責任では起こりませんから、原爆の投下にしたって日本にも責任の一端はあるでしょう。でも、それを「過ちは繰り返しません」という言葉で刻むのはどうなの。其れはつまり被爆してなくなった、今も苦しんでいる人達にも「当時の日本国民として原爆で殺される責任があった。彼らもまた過ちを犯している一人だった」という事ではありませんか。

 私ならそんな言葉を投げつけられて穏やかになんか眠れない。

 八月のテレビの特番で思って、あの時は書かなかったことを書こうと思います。原爆投下の瞬間、成功に湧いたアメリカの人達。彼らの頭には「ジャップ、黄色い猿がどれだけ苦しんで死のうと関係ない。楯突いたのが悪い」という意識があったんじゃないか。欠片のように小さくとも、その考えがあったんじゃないか。そうとしか思えない。街ひとつ滅ぶ爆弾を落として抱き合い、喜んだというんだもの。

 やっぱり感想書いたら感情的になっちった。仕方ない。まだ百年経ってないんですもんね。でも、その百年経ってない今だからこそまだサルベージ出来る真実が隠されてると思う。色々とね。百年後には失われて、二度と蘇らないだろう事柄。もうちょっと真剣に調べても良いのじゃないかと思った。
 国家間の問題は大きいとしても。

 所でこういう話をして居たメッセですけど当然のように「彼は絶対周りの精気吸い取ってますよ」とか「でも初々しい方が萌える!」とか言ってました。こんな人間で御免なさい。つかこの話題と萌えが平気で両立できる自分が一寸好きだ。
posted by こがよしひさ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考嗜好志向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

アンコウ鍋。

 茨城育ちの癖に多分初めてアンコウ食いました。いや、海側じゃなかったモンでね。
 お鍋にしたのでレシピを簡単に。

アンキモをすり鉢でクリーム状になるまでゴリゴリ。
其処に味噌を投入。ゴリゴリ。
予め身を煮ていた鍋に投入。
野菜等を投入。
具材に火が通ったらお召し上がり下さい。

 味噌で味付いてるんで付け汁は要らないっすよ。レバーとかモツとか大っ嫌いなんですけど、アンキモは美味しかった。何でだろう。でも大量に食べたら吐きますね、きっと。食べてる時は良いんだけど。
 ちょっと足りない、位が丁度良い感じ。しかし県によっては気軽にアンコウなんか買えないですよね。レシピ無意味。まあ、機会があったらどうぞ。

 炎孤タンハアハアと言ってみるテスト。このテストの意味はきっと近日中には丸解りだ。(この段階で解る人には答えそのものだってば)ついでに雷鳥タンにもハアハアしておこう。雷鳥使ってるし。私的には双子設定美味しいです。
 このサイトの大半の人には解らないでしょう、御免なさい。ググったらきっと解ります。ググレ!

 悪魔の足音がするので更新三日ほど休むかも。ついでに仕事も休むかも。明日辺りから寝たきり老人になる予定です。

 業務連絡。
 お絵描きBBS開通しました。開通って言うか再設置なわけですが。流石に一年ほったらかしといたら消えましたね。今度の掲示板はそんな事の無い様に。頑張ります。ってわけでお気軽にどうぞなのです。
posted by こがよしひさ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀世界

image/keisetuen-2006-01-22T16:37:21-1.jpg

また下手くそな写真で申し訳ないですが。写真は昨日朝の様子。勿論吹雪く勢いでガンガン降っていました。今朝とかは雪は止んでいたもののかなり積もったり凍ったりで車乗る人は大変そうでした。
うん、なんつうかこう。道路に苦闘の跡が。積もった雪の上にスリップしたと思わしきタイヤ跡がいくつも有って。
皆、チェーンとかはなかったのかい?

ってわけで 明日の朝辺りも道路スケートリンク状態でしょう。車に乗る方は気をつけて。ブレーキは慎重に。
posted by こがよしひさ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

超観たい。

 ミラジョヴォヴィッチ主演の映画の予告編をハッケーン。

Ultraviolet

 黒髪ストレートのミラがめっさら美人!めっさら!!!矢張り黒髪大好きです。前髪ぱっつん可愛い……v黒髪に真っ赤な唇でまた色気が……!!これ系の映画で女性がアクションと来ると、一昔前までは「嗚呼、勘弁して下さい」って動きもあったんですけど最近の役者さんは素早く格好よく動きますね。
 み、観たい……!でもこれ日本だと公開すんのかな……?何時頃になるの……?日本語じゃないのでなんか良く解らない。
 DVDとかでも出ないかなぁ。観たい。ミラ大好きなんで、二本公開があったら絶対行きます。……多分。(絶対じゃない)因みに映画館に行ったとして、ストーリーそっちのけでミラの腰とか足とかばっかり眺めていると思います。(最悪や)

 雪が凄いですねー。此方の方はもう20cmは行ったんじゃないかな、積雪。何かまだ降っているらしいですし。午前中で工場は全面ストップです。皆帰宅出来なくなっちゃうので。明日の朝とかどうなってるかなあ。
 宮の御飯とかトイレ砂とかそろそろ買いに行かないと無いんだけど。あとストーブ用の灯油とか。(其れは死活問題じゃないのか)この季節に暖房無しはきついよ。

 所でUser Agent Switcher入れました。拡張機能ね。銀行とか大き目のサイトだと「IEで出直してこいやぁ」って門前払い喰らう事があるんですけどこれでもう大丈夫。
 今までは「だったらもう用はねぇよ馬〜鹿!」って行かなかったりしたんですがまあ、うん、不便だしね。どうしてもそれじゃ済まない所も有るしさ。
 意地は張らないことにしたよ。色んなサイトに入りまくって悦に入っています。「フフフ、騙されよってからに……」とか何とか。
 つーか、別に火狐で見ても何の問題も無い所ばっかりなんですけど?精々ボックス内のテキストがちょとずれて表示される位。可読性は其処まで落ちないし、システムも普通に動いてる。(WindowsUpdataだけは駄目らしい、と情報を入手。これはまあ仕方ないだろうと思う)
 なのにどうして皆IE以外は駄目、って言うんだろう……?この、テキストボックスとかのちょっとしたズレの所為で今までIE起動したり何だりの面倒を強いられていたのかと思うと。やっぱちょっとムカつきました。
 閲覧者にブラウザを移動させるほど優れたデザインとは思えない。うじうじ。
 んでこのUser Agent Switcher、ちょっと面白い使い方している人もいるみたいです。自分で勝手にUser Agent作って、アクセス解析した人を吃驚させちゃおう、とか(笑)そうだなあ、私だったら、NeuroっていうUser Agent面白いよね!!やってみようかなぁ。大丈夫なのかな?ちと試してみます。結果報告はえーと、明日以降とかかな。
 駄目だとは思うんですがまあ、やってみる。わくわく。(悪戯好き)
posted by こがよしひさ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

アメリカン

image/keisetuen-2006-01-20T21:44:57-1.jpg

宮の一発芸。
アメリカンカール。ごっさ迷惑そうな顔をしています。しかし可愛い。
こうして宮で遊ぶのが日課なんです。
posted by こがよしひさ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今更ですが。

 昨年末から色々と問題になっていて、各所で話題だったらしいのですがネット復帰前だったので乗り遅れ。
 今日驚きの事実を知ったので今更だけどもネタにしてみようと思います。詳しくは以下のサイトをどうぞ。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0601/06/news014.html

 と、言うわけで皆さん是非是非Updataしましょうね。因みにウチの会社のパソコンは未だに何一つしていなかったので吃驚して私がUpdataかけました。か、会社のパソコンなのにUpdataしないのはまずかろう……。
 私はセキュリティは壁みたいなものだと思っています。Windowsも、出来る限り穴の無い完璧な壁を作ろうとはしているでしょう。
 しかしながら世の中にはシャベルとかダイナマイトとか持って壁をガンガン攻撃してくる人も居るし、地図を片手に小さな抜け穴を探しまくる人だって居ます。
 Windows Updataとかセキュリティソフトの更新とかは、そういう穴とか抜け道を一つ一つ埋めていく作業なんですよね。この捕らえ方であっているだろうか。
 だから一度アップグレードすれば安心、とかじゃなくて、(一度見付かった抜け道はあっという間に広まりますから)必ずマメにチェックするべきなのです。

 此処一月位Updataしてないな〜と思う方はどうぞ急いでしちゃって下さい。なんつーか、今回は緊急性が高くて定例を前倒ししたらしいですから。くわばらくわばら。
posted by こがよしひさ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

懲りない女。

 何か自分でも本当、懲りないなあと思うんですけど、こういう事書いてるから煙たがられるんだって解っているんですけど、(こないだの管理人さんコワイみたいな)其れでもまたあえて書きましょう。


 ♪とかvとかwとか(笑)とか///とか。



 使った時点で其れはもう小説とは言わないで下さい。(はい、この時点で怪しい空気を感じたら先は読まないほうが良いですよ。アレレな事書いてるから!其れでも読む方はどうぞ。)




 頼むから。うっかりサイトデザインとかが可愛らしくて「凄いな〜」って感心しながら開いた小説に記号が使われているとガッツーンとテンション下がります。人にもよるのでしょうが私は其の段階でタブを閉じます。(ウィンドウを閉じますといった方が伝わるかな)
 日記とか、掲示板なら良いと思うんですよ。如何せん自分の感情をどれだけ解りやすく、或いはウケを狙って愉快に表現できるかがキモって部分もありますし。無味乾燥な文だとキツくなることもありますからね。
 でも、小説は違うと思うんですよ。
 何つーかな、小説って、態々記号使わなくても幾らでも表現のしようがあるじゃないですか。例えば『///』という記号で表せるニュアンスとか、表情とかって、どの程度のものですか?
 私なりに此れは「照れ」を表現しているのだと思うんですが、一言で照れといっても様々ありますよね。顔を真っ赤にして黙り込んでみたり、視線を泳がせたり、逆に目を見開いたまま固まるのもアリだと思う。怒ったみたいにその場から居なくなっても良いし、語気は強くなる事も有ればしどろもどろに弱くなることも有る。どもったり、声が出なかったり。
 文章なら作者が思い描いたキャラクタの表情、雰囲気、仕草、事細かに表現できる。でも、『///』たった此れだけの記号の中に一体どれだけの表現を託せますか? 此れで、どんな心の機微が、些細な空気が表現できますか。
 二次小説において相思相愛のキャラ同士が会話をする時に一々語尾に「v」をつける方が居ます。一個や二個じゃない。会話がある間中、ずーっと、延々。vが無くても他の記号がついてたりする。何でだ。何か付けなきゃいけない決まりなのか。
 以下に再現してみましょう。(勿論文章は私が適当に捏造したものですよ、パクってきたわけじゃないですよ)

A「おはようv」
B「あ♪、おはよv」
A「今日も良い天気だね〜v」
B「そうだねv」
A「天気が良いと学校行くのも楽しくなるv」
B「俺もたしかに学校は楽しいけど、Aに会えるからだよvvv」
A「や、ヤダ・・・///」

 っだー! コン畜生自分で書いててキーボード叩き壊したくなったわ……!!!!!!
 うう、寒いよう、心が寒いよう……。因みに三点リーダとかは故意に間違った形にしてあります。より解り易いかと思って(この無駄なこだわり)
 皆さんね、これね、「おいおい、こが。作ってんじゃねえよ。まさかこんな小説あるわけ無いだろうが」とか思わないで下さいね。まだマシなほうなんですからね、これ。酷いのになると本気で顔文字出てきますからね。エーン。・゚・(ノд`)・゚・。←こういうの。
 ウェブ小説は新しい表現形態だ、とは言え……。物事には色々とこう、限度っつうモンがあるよね。勿論私自身他人にどうこう言えるほどの文章力は持ち合わせていませんが、少なくとも現段階で顔文字だの記号だのを使わなければ読めないほど酷い小説を書いている自覚まではない。
 寧ろ使ったら悪くなるといっても良い程度の文は書いていると思う。自惚れと思われるかもしれないが、けれども上記の例のような駄文だけは書いていない、と思い込みたい。(半分強迫観念)
 だからこそ言うのだけれども、記号に頼って作る表現に、どんな豊かさを求めようというの? ただ「笑う」にしても呵呵大笑する、大笑いする、噴出す、微笑む、笑顔を作る、嘲笑する、冷笑する、爆笑する、唇を歪ませる、もありかな。
 語彙の大して無い私ですら文字でなら此れだけの単語を使うことが出来ます。同じ微笑む、でも「ほほえむ」と「微笑する」では印象が全く違う。
 では『(笑)』この記号からどんな表現が生まれますか。
 私に馴染みが無い所為かどうか、(笑)という記号から汲み取れるのは「ただ単に笑っているのだな」という事のみです。上でも書きましたけど///なんてもっと酷い。私は一応「照れ」という意味で読んでいますけど、実は違うのかもしれないし。
 この記号を使わずに少しなにか仕草で表してみたり、そういう事は出来ないのかな。小説を書く、ということは「言葉によって表現をする」という事だと思うんですよ。其れなのに言葉ではなくて、記号で表現しようとしたら、其れはもう言葉に対する冒涜ではないのか。小説というものに対する裏切りではないのか。書き手としての己の可能性を摘み取る行為ではないのか。そんな風にさえ思われます。
 大袈裟だと思われるかもしれませんけど、こういう記号小説がどんどん流行ったとしますよ。そうして記号で表現する事を日常化して、低年齢の子供達から「言葉」という最高の財産を奪って御覧なさい。
 彼らは自分の中にある本当はとても深く、複雑でかけがえの無い多くの感情や思考を、どのように認識すれば良いのでしょう?
 大人が色々解った上で敢えて手間を省き記号を使うのは良いかもしれません。スピードが命のコミュニケーションツールだって沢山ありますし、その場合の必然性は全く否定しません。つか、私も使う。
 ただ、其れを何処にでも持ち込むのはいかがなものか。時と場合、その場の状況、場所に応じてのルールというものが有るじゃあありませんか。
 小説にそのような表現を持ち込むのは、ごく普通の小説を書きこなせるようになってからにして欲しい。其の上で、実験的に書くのだったら、そして其れがきちんと「文学」と呼んでも差し支えない程度の形になっているのだったら私は其れを認めます。(偉そうな言い方になってしまった。私個人が認めるか認めないかだけの話ですよ)
 ただそんな事が出来るのは恐らく長年文筆業に習熟した一部の人だけだと思うのですが。

 感情や情景を幾らでも自由に表現できる。何の制約も受けず、囚われず、ただ世界を構築することが出来る。時に酷く美しい。言葉で、文字で表現するという事は人が人である証拠を残すといっても過言ではないと思うのです。
 思考は人間に許された特権の一つですけれど、其れを論理的に、誰にでも解るように表現して後世に残すことが出来るのは文字のおかげですから。それとも逆に数百年後の方々ならば///の正しい意味を文脈から微細に感じ取れるようになっているのだろうか。とてもそうは思えない。
 だから、せっかく言葉を使って、文字を使って作品を作るのならばどうぞ記号のみには頼らないで下さい。

 と、ブラウザを閉じた後で長々考えた、と言う話でした。でもこういうのメールとかで送ったら軽く荒らしとか中傷とかおせっかいとかウザイとか思われそうだよね。だからここで書いておきました。はースッキリした。
 はい、上記は全て私の独り言でした。御免なさい。
posted by こがよしひさ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

おしい。

 カウンタ、4のゾロ目ふみ損ねました。44445だった。あと一つ……!!!(どうしてそういう所で悔しがるの)

 というか、宜しかったらお気軽に斬り申請どうぞ。勿論知らん振り平気っス。TOPでは素っ気無い書き方だけど別に嫌がってるわけじゃありませんですよ、と。これは業務連絡。

 実はまだあの馬鹿でかい苺が冷蔵庫の中に眠っているんでこれから食べたいと思います。ちょっと古くなっちゃってるかなぁ……。駄目だったら無理矢理ジャムにでもしますよ。
 しかし煙草の箱と比べてアレだけでかいと違う果物みたい。流石に綺麗な楕円にはなりません。でも苺ってでこぼこしてる歪な奴の方が美味しい気がする。まあなんだかんだ言って苺、あんまり好きじゃないんですけどね。(台無し)
 田舎の食べ物は大概美味しいです。あと人にもらう時はダイナミックです。コンビニの大きいビニール袋(トイレットペーパーとか余裕で入るサイズの)パンパンに蓮根とか。どうすれば良いの。確かに茨城は蓮根有名だけども!!夏だの秋だのはナス攻撃がありましたっけ。炒めたり煮たり焼いたり一週間くらいずっと延々ナス食ってた。
 タイミングが合えば柿ももらえます。どんだけ自家栽培してんの。
 でも、どれも皆美味しかったです名も知らぬ弟の友人一家よありがとう。(礼になってへん)

 胸が物凄く張ってて痛いので多分生理近いです。ああ、気が重い。寒い時の生理って一番嫌い。自分を慰める為にピエールマルコリーニのチョコレートを通販しました。27日に届く予定。(しっかり給料日後の週末に狙いを定めている)あと十日くらいか。あ〜ワクワクvvこれで暫く頑張れます。ウヒ。
 やっぱり甘いものって元気の源ですよね。私にはホワイトチョコとかロイヤルミルクティーとかココアとか与えておくと始終上機嫌です。簡単で良いね!
posted by こがよしひさ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でっかい

image/keisetuen-2006-01-18T11:13:29-1.jpg

写真とったまま忘れてた。先日父が知り合いにもらった苺です。このサイズでなお甘かったのは驚異。
posted by こがよしひさ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

トラブル

 うーん、私のパソコンが非力な所為もあるんでしょうけど、やっぱりこのブログは重いですね。ウチのサイト事態が重いこともまあ、無いではないですが。しっかしブログの重さは許容範囲超えてる。
 もっと時間ずらして書けば良いんですけどね。あんまり早い時間だと何だか書く気がしないんですよ。仕方ないんだ。
 所でFirefoxにおいてはそう珍しくも無い(っと私は思う)エラーで、ユーザープロファイルがなんたらってのがあるんですよね。すでに別のユーザーが使用しているからもしお前も使いたいならユーザー名を別にしろ、というエラーなんですが。
 私しか使ってないのにそんなわけあるかー!と憤っても後の祭りです。何だかんだ調べてみたら削除されるべきロックファイルが残っていたのが原因らしいと解ったのでそれ探して削除してみたんですが、「このファイルは使用中のため削除できません」と来たモンですよ。
 何かもう面倒臭くなって全てを投げ出しシステムの復元で元に戻しました。ハイ、其れでも元にもどりますよ。でもパソコンの事を考えたら手動であのファイル削除した方が優しかったかな、と思った。あと色々弄ってたらブックマークぶっ飛んだからバックアップから入れなおした。面倒だった。
 火狐ちゃんも中々気難し屋で困るわ。

 お題の下書き進みました。あと線画クリンナップして影つけたりするだけです(簡単に済ませますよー)。二周年イラストの方は停滞してます。さてどっちを優先させるべきだろうか。

拍手>>
 コメント無くても常に有り難く……!色んなやる気を頂いております、有り難う御座いますです。
posted by こがよしひさ at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

便利!

 折角ネットに繋がったんだから、と思って久しぶりにLint様などにご意見を伺ってみました。えーと、ケアレスミスとかちまちましていてすっげぇ駄目駄目な感じです。あー、やっぱ模様替えするとうっかり間違っちゃう。スペースが抜けていたりとかね。えっと、まあでも概ね良しという事で80点頂きました。ご、御免なさい……。
 ついでにCSSの構文検証をしました。W3Cのサイトがあるんです。英語なんですけど。偉い間違っていたみたいですが(やっぱり!)英語だから何処がどう間違ってんのか解りませんでした。
 でも最後の方に「此れが正しいCSSだよ」ってのが載っていたのでこれ幸いと全てコピペして置き換えてもう一回検証したら「此れで良いよ」って言ってもらえました。(わかる所だけ解釈してみた)やった。
 つーか便利だな!HTMLの検証も正しいHTML吐き出してくれたら良いのに。まあHTMLの方はCSSと違って表示変わっちゃうかな……?(br連続してた時とか)
 CSSは置き換えても表示は全然変わりませんでした。今まで火狐ちゃんがエラーを修正しながら表示してくれていたのかと思うと熱い涙が止まりません。不甲斐なくてごめんよ。
 つーか何処がどう間違っていたのか解らないからこれ、全然上達しませんよね。つーか適当に打って検証ついでに修正してもらっちゃおうとかそういう邪な考えがちらリズム。だ、駄目かな……?

 TOPの更新履歴が長くなってきたな。ネウロサイト様追加しました。あと拍手絵を一枚だけ追加した。後二枚か……。が、頑張る。
 ネウロサイト様はどちらも全て素敵なサイトさんです。私同人を見て唐突に萌える属性持ってるんですが、実はあのリンクの中の一つのサイトさんが私の萌えに火をつけたんですよね。其れまでは読み流していた。
 皆さんも素敵サイトめぐりで目覚めてください。(強要)
 お題サイトとしては多分有名であると思われるサイト様からお題を頂いてきました。100のお題。以前挑戦した時は悉く頓挫したのですが(つっても二つだけど)まあ時の運ですよ。パソコンがぶっ壊れたりネットがぶっ千切れたりして居たわけですから。仕切りなおし。今度こそ頑張る。
 せめて20か30位は……!!!(志低いな)急いで作品数増やしたい(ネウロサイト様にリンクのご挨拶したいんですよ……)のでネウヤコ中心で描いていきますがきっとネタにつまって殺りんとかに逃げ込むよ。
 気軽に描いて(つまり落書きなんだね)ちまちまアップして行きたいと思うので見かけたら宜しくお願いします。ページは作ってあるけどまだアップしてません。何枚か描いたら一気に上げます。具体的にはえーと、さ、三枚位、とか……(それ一気って言うのか)

 やっぱ更新してあると拍手率が違います。有り難う御座います……!!今まで放っておいた分また出来るだけマメに変えていきますね〜。わくわく。
posted by こがよしひさ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐ろしい事実。

 解析の検索単語を眺めていたら(好きなんです、見るの。丸飲み人魚画像って、何を目的に検索したのかな……。思わずお茶吹いたよ)恐ろしい事実に気付きました。っつーか知りたくなかった。
 えっとですね、「photoshop パスの引き方」で検索かけるとウチのサイトがかなり上位に出てくるんですよね。「パスの引き方」だけでも一ページ目とかなんですよね。








ガクガクブルブル。





 そう言えばパスの引き方自体を解説してるサイトって、余り無いんですよね。お絵描き講座自体は沢山あるのに、パスとなると中々……。
 私もむかしパス引きを覚えたいと思っていた頃講座を探して三千里、ネットの大地を彷徨いました。んで素晴らしいサイトさんを見つけて狂喜乱舞したのはしたんですが閉鎖されてしまいましてね……(涙)
 そのほろ苦い思いを胸に「あのサイトさんの十分の一でも良いから役に立ちそうな講座作りたいなあ」と思ってあのパス引き解説を作ったのです。
 って、其れはどうでも良くて。恐怖のあまり一瞬コンテンツ外しちゃおうかとすら思った私。(無理だよキャッシュとか有るし)まあ一瞬後には「流石に其れはマナー違反だ」と自分を抑えました。移転か閉鎖かわかりませんが、キャッシュしか残ってないリンクが結構有ったので……。それでウチもトンズラしたらやっぱり迷惑だよなあと思って。
 ああでもパスの引き方を知りたいと思っている方がえーと、いらっしゃったりするわけですよね……??
 でも私の中であの解説はもう古いっつーかなんつーか作り直したいけど時間が無くてほったらかしてるっつーかうわあぁあぁぁん。
 時間が出来たらまたじっくりと作り直したいと思います……。今度は写真屋での引き方をもう少しフォローした感じで……。つか、検索でいらした方にちょっとでも有益だっただろうか。すごく申し訳ない気持ちでドキドキしながら心配です。(もう日本語話せなくなってきた)ご、御免なさい……。そして来てくれて有り難う。ああでも申し訳ない……(エンドレス)
posted by こがよしひさ at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。