2006年06月28日

読書。

 イベントのときに本を貸して頂いたので読んでいました。これはオンリーで元の持ち主さんへ返却予定です。

 ピーター卿シリーズは初めて読んだのですがホームズを違和感無く読む人なら読み易くて良いんじゃないかと思います。
 というのはですね、時代がやや古い設定なので現代劇しか読まない人にはまどろっこしかったり解りにくい部分があるんじゃないかと。二巻で出てくるマノンも、本当に読んだことが無かったらどんな伏線になるかも見当が着かないし。(あれ? これはネタバレか?)
 とは言え面白かったです。仲良しな主従関係は好きです。
 そしてピーター卿に対して私的長所発見。
 探偵物、しかも探偵が裕福であったりすると、とかく事件を「ゲーム」として捉えがちです。某西○園嬢とか。本人にそういう自覚がないにしろ、他人の人生を引っ掻き回し突っつき回し「ああ面白い」といった軽薄さが滲むというか。
 それがどうにも苦手だったのですが、ピーター卿は悩んじゃう人なんですね。
「警察でもない、ただちょっと推理したがりの人間が人の生き死にに口を出すなんて」
 この葛藤は非常に好感が持てました。好きです、こういうの。ホームズくらいブっとんでればもう全然気になりませんが、そうでない場合は被害者の事もちゃんと人間として認識して欲しいと思うので。
 京極さん位腰が重いと今度はじれったいので勝手っちゃあ勝手ですが。

 雰囲気も好きな感じだったので、本屋さんで探してみる事にします。その前にネットで通販したほうが手軽で確実だろうか……。


posted by こがよしひさ at 08:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ところで、売れ行きは?
Posted by 元上司 at 2006年06月28日 12:57
こんにちは!ピーター読んでくださったんですね〜!すいませんでした(がばりと土下座)ありがとうございます(がばりと抱きしめ・・たいです!)
ええ、無理やりすいませんでした〜でも、私がピーターで唯一どの推理物よりも愛せる箇所が、ピーターの内省と葛藤なんですよ〜。コナンもね、あれくらいとは言わないけれどなんというか、人の業や弱さに対して感じて欲しいんですよ、人の生き死にですから、推理物でスッキリ気持のいい終わりというのはどうなのそれ、とか思うのですよ。。なので、その所を気に入って下さってほんとに嬉しいです〜vえへへv
でもピーターわがままいいませんでしたか?ちょっとコイツ頭平気?とか(笑)女王様、お姫様体質としてはアルマンにも負け無い子なのですが(でもあんなに美人ではないのですが〜)
ああそれにしてもご無理言ってすいませんでした!でもでも読んで下さってうれしかったです〜では!
Posted by 夏子 at 2006年06月28日 21:23
 売れ行きは、個人的には満足です。無料配布はみっしりハケましたし。今回は自分でも不満だったのでお手に取ってもらえるだけで望外の幸福でした。


 こんにちはー!
お返事とか色々遅くて済みません……!!!
推理物の一番嫌な所が(ジャンルとしては好きなんですけど)被害者の記号化と探偵役の能天気な無神経さだったので、ピーター卿は本当にツボりましたよ!
 トラウマ持ちの探偵さんは「密室・殺人」以外で初めて見たんですが、ちょっとドキッとしますね。作者さんは多分腐女子素質があります(笑)
 素敵なご本を有り難う御座いましたv機会があれば私もちょっと落書きしたいかも……!お母様素敵ー!(そっちか!)
Posted by こが at 2006年07月01日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック