2006年08月14日

申し込み

 厳正なる鉛筆転がしの結果冬コミは日本ちゃん(男性向け)で申し込みます。もうペンで申し込み書いちゃったから覆せないぞ!
 ネウロはオンリーも有るし、寧ろオンリーの方が良いかも、とも思ったもので。あと一回津波が見てみたかったから。津波の最中無視される悲しさには多分免疫がついている。(付きたくない)

 DVD観ました。エミリー・ローズ。本人もだけど周りの人も相当怖かっただろうなこれ。
 過失致死は無いんじゃないかと中立から見ても思いました。神父は医者じゃないし、病理学的に彼女の事を診察する義務は無かった。彼女の意思で投薬と医学的治療をやめ、共通の信念と良識を持って事に及んだのならば過失ではないんじゃないかな、と思ったのですよ。
 ある共同体の中に「これは正しい」という治療法があって、それを信じている人が居て、後から「それは間違いなので間違いを貫いた貴方には過失がある」と言っても何だかなあと。思うわけですよ。
 神秘の実在という問題はさて置いて、そもそも神父が「医学的治療が無ければエミリーは死ぬ」とどの程度認識して居たかが肝だと思ったよ。
 あと検察側の人が自分を信者だと言っていたけどあんまりそんな感じじゃ無いなあ。悪魔の存在に対して「居るわけねーじゃんばーかばーか」って態度の人が神を信じているとも思えないしな。神と悪魔はセットだと思うよ。剣に鞘があるように。
 実話を基にしているんだそうですが、これはやっぱキリスト教圏の人が見ると深い映画なのかもしれないですね。感想とか聞いてみたいかも。
 所でラストシーンで絶対最後のドッキリが来るぞと思って身構えていたのでやや肩透かしでした。王道を期待しすぎだ。


posted by こがよしひさ at 22:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思い切ったこと... したな。
Posted by 元上司 at 2006年08月15日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。