2005年04月15日

創作活動。

 メッセでちらりとお話したもので。
 私は絵を描くときは其の背景にあるお話を殆ど考えていない。事が多い。他の方はどうか解らないのですが、大概の場合「メイド服が描きたい」「胸が描きたい」「こういうポーズが描きたい」と思って描くので極めて局所的な見方をしています。
 逆にお話を書く場合は浮かんだ場面を書くのではあるけど其の中には感情があって、また其の感情が流れる時間があって、其れが書きたいと思って書いている。
 だから小説を書くのは何時も大変です。キャラがどんな気持ちで何を言うのか、其れが固まらないと書けないから。オリジナルはまあ自分が産んだ子供みたいなモンですから比較的楽なのですけどね。二次はそうはいかない。結構しんどいです。
 ただ、神様がしっかり作り上げてくれた気楽さはあるんですよね。既に其の作品を好きな人が居て、そういう人がほぼ無条件に読んでくれる。楽は楽です。
 オリジナルってのは本当に自分の力だけで読者を獲得しないといけないわけですから、その辺はやっぱり大変だなあと。
 こういうと何ですが私は自分の文章に癖があるのを知っているので、拒絶反応を示されたらまあ其れは仕方ないなと思いつつやってます。逆に言えば其処を気に入ってくれる人が居るかもしれないし。居ないかも知れないんだけど。
 絵についても同じですが。
 だからどんなに考えても結局は書きたいものを書きたいように書くしかないって事で。

 其れとは別に性的表現や残酷表現についての気遣いもありますよね。二つとも苦手な人は多いし、子供に見せて良いものじゃないと思うから。
 ただ此の辺は私のサイト運営方針と微妙にかち合わなくて、つまりネット上に載せてる以上どんな立場のどんな人間が見たって問題ないはずである、という事ね。
 勿論所為表現を含む色んなものはそれには当て嵌まらない筈なのですがただね〜……。規制のあるものを作るって言うのがちょっと苦手なのですよ。年齢はある程度の目安にはなるけどそれが全てじゃないし……。働いている、いないも大きな違いになると思うし。
 親元を離れているか、いないかって言うのもね。責任の所在とかいろんな事に対する真剣さとかがそういう環境で違ってくるし、真剣に規制を敷くならその辺を考慮したい。しかしながら一々メールでって言うのもどうも肌に合わない。見たいときに直ぐ見られるのがネットの利点だと思うから。
 でもそれじゃあ希望しない人が見ちゃうかもしれないし……と堂々巡り。一寸した数学問題の答えをパスワードにしている人もいるんですが(明らかな低年齢層を弾く為)申し訳ない、私本気で数学は算数時代から駄目なんですよ……。そういうのを経験してるから問題を解いてね系も使えないし。
 とするとやっぱ注意文を書いて「自由に閲覧して良いけど責任は私じゃなくて貴方にあるんですよ」式にやるしかない。些かの不安はあるけど、まあ仕方ないやね。
 其の場合に問題なのはやっぱ検索で注意文をぶっ飛ばして入ってきちゃう人なんですが、その辺は注意文へのリンクをわかり易くつける事で回避、かなぁ……。もしくは.htaccessを出動させるか。でも面倒臭いのは嫌いです。(最悪)
 何だってこんな真剣に悩んでいるかと申しますれば次回のオリジ作品は思いっきり全面的に性表現がある上にグロさぶっちぎり拷問シーンもあるよ☆(ぽろりもあるよ、みたいな)って奴だからですよ。16禁どころか18か20禁位にしたい。
 これは大昔一度書いたときに「読んでて気持ち悪くなった」と友人に言われたほどのものでして。全体としてはまあ何とか恋愛小説なはずなんだけどカップリングが複雑で(男女入り乱れ)何がなんだか解らんという。
 でもねー。そういうシーンも(や、私のは過剰なんですが、自覚してますが)完璧に省いたら真面目につまらなくなっちゃうし。綺麗な部分だけで構成されるお話なんか童話だけでお腹一杯ですよ。や、解ってますまた危ない発言をしているってのは理解できます。
 勿論優しい可愛らしいお話も凄く面白いし、上手に書きこなす人もいます。ただ私に限って言えば其れだと薄っぺらい事ばかりになってしまうのです。私に力量が無いからなんですがね。
 手っ取り早く感情を増幅させる為に濡れ場なりグロさなりがあるわけで。幸福とは縁の無いような辛い話にばかり興が乗るのはもう書き手としての性質なんだろうなぁ……。可愛いお話だって書きたいさ。ふん。でも書けないのさ。
 んで色々と話題が固定しないで飛びまくっておりますが、オリジナルどうしようって事で。どうしよう。(知らんがな)
posted by こがよしひさ at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考嗜好志向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック