2005年07月21日

計画。

書き始めて幾らか進む度、または完成してから、必ずパソコンを巻き込んでお星様になってしまう友引のような小説があります。二次大戦時のナチがらみの短編(中編)なんですが。兎に角この話を書いていると必ずデータがぶっ飛びます。呪いでもかかっているのでしょうか。まあ自分のパウリっぷりは良く解っておりますので深くは突っ込みませんけれども。
で、またその話を書いてみようかなと思ってます。ナチの全盛期、1941年位かな。私と誕生日が同じな某金髪の野獣を出して虹にしたら収集つかないので完璧オリジナルで済ませますけれども。出したいのは山々なんだがな。流石に資料と首っ引きはぞっとしない。
幾つかそういう短編を書いてナチシリーズみたいな感じに。出来たら面白いかなあなんて思ってます。思うだけならタダだから。
しかしイーディッシュ語はあの当時でも使われていたのだろうかとか凄い基本的な部分で既に躓いている。駄目だ。


posted by こがよしひさ at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナル・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。