2005年08月14日

近所レポ其の二

image/keisetuen-2005-08-14T12:11:31-1.jpg

欝蒼と繁る原生林から際限なく蚊が生まれてくる悪夢に取り付かれておりますこんにちは。
近所の原生林。小川のせせらぎに酷似した音も聞こえる為蚊の発生源という考えはあながち間違いではないと思います。憎い。しかし本当に山奥。真実山の中に住んでいる人から見れば余裕で住宅街かも知らんが私にとっては十分山奥です。見渡す限りの田んぼやガードレールの向こうに広がる崖と原生林を見ると何かびびってしまう。猪に襲われたら自転車でにげきれるだろうか。不安だ。
しかし竹薮近くの道だけは少し気に入っています。何か風雅な気がして。道路にじゃがいもが散乱しているのにも驚かなくなりました。免許取って不自由が無くなったら馴染むのかな。それも少し寂しい気がするのでした。
posted by こがよしひさ at 12:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜田舎好きな私には羨ましい。
猪が出るんですか?猪が襲ってきたら、自転車のベルを鳴らしつつ、全速力で猪に向かってゆくのが良いかと思います。私はこの方法で野良犬と戦いました。でも猪って止まれないっていうし…。猪とチキンレースは無謀だろうか…。その点犬連れの散歩は安心ですね〜。もはや犬はボディーガード!!
Posted by のりたま at 2005年08月14日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック