2004年10月04日

危ない思考。

 物語が佳境に入ってきた為暇さえあれば殺人計画を練ってます。(危ない発言だなあ)ぶつぶつ首吊りだの解体だの呟いている様は他人にはとても見せられません。(身内にだって見せらん無いよなあ)
 でも考えるのは楽しい。死体の表現ではあるんですがなるべく詩的に美しい感じに出来ないかなあと試行錯誤。悪魔の手毬歌なんかはその辺素晴らしいと思います。凄い綺麗で絵に描いてみたくなります。
 今回はう〜ん、犯人と言うよりも動機とかの方を隠す感じかなあ…。探偵小説とか推理小説っぽい形ではあるけれど結局恋愛小説なのかもしれない。登場人物の誰かの感情をトレースしながら読むと、後味の悪いお話となっております(笑)
 あと警察官ね。漸く出したんですけど、もう時間とか無くて一からキャラクター作ってる暇が無かったので他の小説から流用。おかげさまで本当にアクの強い警官になっちゃってもう刑事らしくないです。
 ほんの少ししか出ないんだけどな〜。妙に存在感が…。主役を流用しちゃいけなかったか。(そりゃそうだよ)
 
 と言うわけでサイト復帰、伸びそうな気配がひしひしとしてます。うへえ。


posted by こがよしひさ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。