2006年11月20日

自分みたいな人が結構多いのだと解って安心(BlogPet)

前に笑っていたK(職場の顔が怖い)
バルーンじゃなくて包丁とか鉈とか持ってるに違いない
前に笑って包丁とか鉈とか持ってるに違いない
 自分みたいな人が結構多いのだと解って安心
と、こがが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Reinhard」が書きました。


posted by こがよしひさ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

Reinhardは(BlogPet)

Reinhardは、こがは更新したの?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Reinhard」が書きました。
posted by こがよしひさ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

じゃきょうReinhardは(BlogPet)

きょうReinhardはこがとヒマラヤに動画みたいな撮影した?
けどヒマラヤへ雪山みたいな動揺したかった。
またヒマラヤで豆粒とか動揺したかったみたい。
じゃきょうReinhardは、射殺するつもりだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Reinhard」が書きました。
posted by こがよしひさ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

私は国内から出た事がありませんけど(BlogPet)

真夜中広い危険とか、引き金は軽くなりそうだな
そう考えているならまあ自由にはあって欲しくないんじゃよー
 私は国内から出た事がありませんけど、自分がしたいと同じ位他人も持っているというのはそれだけ守られている社会は嫌だな
そう考えている社会は嫌だな
良いけど自由を脱出しなかったよ
良いけど自由を脱出しなかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Reinhard」が書きました。
posted by こがよしひさ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

はじけてみた。(BlogPet)

きょうReinhardがハロウィンは更新すればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Reinhard」が書きました。
posted by こがよしひさ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

引っ越します。

 お引越しです。いえ、ブログだけなんですけど。

↓新居↓
http://strange.keisetuen.vivian.jp/

 サイトからのリンクはまだこっちですが週明けには新しい方に切り替えます。ちょっとした気分転換です。
 このブログの管理画面が使い難くなっちゃったっていうのが理由と言えば理由なんですけども。

 そんな訳で新しいブログも盛大に痛いよ。寧ろこっちとは比べ物にならないよ。(開けば解る)
 えー、中身の方はなるべく精進します。です。
posted by こがよしひさ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

知っておくということ。

http://www.youtube.com/watch?v=hXC5RxhZUYw
http://www.youtube.com/watch?v=4NsviuJzGPc&NR

http://www.youtube.com/watch?v=tNnA3K_kCEc(10/19 追加。日本語の字幕付き)

 上の動画二つは多分とっても辛かったり悲しかったりすると思います。グロとかじゃ無いんですけど、グサッと来るので、説明を読んでからの方が良いと思います。
 と言うわけで説明↓(http://10e.org/mt2/archives/200610/160229.php:引用元)

 プロTVってサイトのカメラマンがヒマラヤを経由してルーマニアから帰ってくる時に目撃して映像に納めたそうなんですが、中国軍の軍人がチベットの巡礼者をいきなりライフルで射殺する映像です。撮影されたのは今年の9月30日。
一列で歩くチベットの巡礼者の先頭の人間と最後尾の人間少なくとも二人が撃ち殺されたらしい。映像にはその瞬間があります。(巡礼者と言うか「難民」って書いてあるニュースサイトもあるみたい)
中国当局はこの事実を否定し、逆にチベットを非難したそうです。



 そういう映像なのでキツイ人にはキツイと思う。物凄い遠くからの撮影で人なんか豆粒くらいにしか映ってないからグロではないんですけどね。
 黙々と歩き続ける人々がリアル。日本人から見ると「ナンで逃げないの?」って思うかもしれないけど、映像の場所は標高5700m位。
 そんな場所で走ったら撃たれなくても死ねる。というか、走った所で一面の雪。隠れる場所も何も無い。山だから足場も悪い。
 また、動揺して倒れたり、変な動きをすれば次の標的になるのは明らか。ただ黙々と歩くというのは実は一番安全な行動のようです。
 それから、これは個人的な考えですけども。
 殺されるのが解ってて歩いてるのではないかな。死にたい訳では決して無いけど、それが不可避だと知っているから取り乱したりはしないというか。武力を用いない抵抗のうち、もっとも強い拒絶だよな、と思います。
 どういう気持ちであの雪山を歩き、仲間の死を見つめ、また歩き続けるのか、それがどんな気持ちかは私には絶対解らない。
 でも、それを知らなくて済むのは本当に幸福なことです。本当に。

 で、動画の信憑性を疑う事は簡単ではありますが、この動画が有ろうが無かろうがチベットが蹂躙されていることには変わり無いので問題ではない。
 其の上で言いますけどこういうことをする国が常任理事国というのはとってもカオス。この国が今後経済でどんなに重要な存在になろうとも、手を取り合ったりはしたくない。

 とはいうものの国民の多分大多数は自分の国が何をしているのか知らないと思う。知った人はとっくに国外へ出ているみたいだし。国が外道でもその国民までが本当に腐っているかというと否であることもあるので、やっぱり世の中は難しい。
posted by こがよしひさ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

マリウス監督の新作です。

http://lestote.nori.ciao.jp/?eid=424462

突撃! 街の美少年★
av.jpg

 詳細はのりたまさんのブログでチャットログを見ていただくとして。

 いやあ、描いてて物凄く楽しかった(駄目人間)特にあおりの言葉を考えるのがね。恥ずかしいんだけど面白い。人間駄目になりそうだわ。
 つーかAVのパッケージなんかまじまじ観たこと無いよ。弟の部屋に置いてあるのはエロゲだしねえ。(それもどうなの)ネットを駆使して色々見回りましたよ。うひひ。

 落書きをちょこちょこ加工しただけですが何か其れっぽいような感じに。見えないかな。

 アルマンはプライド高そうだけどこういうのを面白がる不健全さも秘めていると思う。本当に頼んでみたら意外と引き受けてくれちゃうかもね。そうしたら是非とも入手して家宝にするんですけど。(そんなもの残されても子孫も困ると思うが)
posted by こがよしひさ at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | VC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

もくもく。(BlogPet)

現在、こがが、日本ちゃんなどを登録を削除して頂いてからじゃないと本気で不愉快になる人とかがいそうで怖いからね
(天ていうかネットとか新聞とかニュースからなんだけどね?)
ちょろっと書いたりして登録を削除して頂いているのですが一部運営の方と連絡してます
あんまり旬な時に出しすぎると宜しくない
と、こがは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Reinhard」が書きました。
posted by こがよしひさ at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

恣意的なものを感じる。

「もう日本はイヤ!」 若い日本人女性、NYに脱出する人が増加…米紙が特集http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/23426

 この書き方はちょっとどうかなあ。仮に日本よりアメリカの方が肌に合うって人が居ても、一概に 日本<アメリカ とは考えていないんじゃないかな。そう考えているならまあ自由に出て行けば良いけど。
 私は国内から出た事がありませんけど、近所の人が拳銃を普通に持っている社会は嫌だな。便利な道具になれば成る程引き金は軽くなりそうだから。
 真夜中に女性が一人でコンビニに行けるとか、自動販売機が道に普通に置いてあるとか、そういうことの素晴らしさは意識しないと気が付かないんだろうな。
 「あの地域に行く時は誰かと連れ立っていけ」なんて場所が日本には多分殆どない。そういう場所が有る生活をしてこなかった若い女性が、突然長期滞在なんてして大丈夫なんだろうか? 他人事ながら心配です。女性にはなるべく危険な目にはあって欲しくないんじゃよー。
 自由も良いけど、自分が自由なのと同じ位他人も自由なんですよね。自分がしたいと思うことと他人がしたいと思う事は違うかもしれない。そういう時に自分の信念や身体や、色んな事を守らなくてはならない厳しさが自由にはある。
 ある程度制限されているというのはそれだけ守られているって事でもあるのですよね。私は拳銃を手に入れる事が出来る自由よりは、自分も他人も持っていない不自由の方が好き。


 買い物して和宮弄くり倒してたらなんか、更新とか出来ませんでした。あわわわわわ。申し訳無し。(一応イラストのパス引きとかはしたりして居たの、です、よ……)
posted by こがよしひさ at 22:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。